自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる
  • ライオンズクラブとは
  • 京都紫明LCについて
  • 周年事業
  • 活動報告
  • 年間スケジュール
  • 会員名簿

会長あいさつ

ご挨拶


【会長スローガン】 
日々是好日(にちにちこれこうじつ)



第59期会長
村田 和久

昨年の3月頃から騒がれだした未知の「新型コロナウイルス感染症」と言う、目に見えないウィルスに脅かされ「マスク・手洗い・うがいの励行」「三蜜・密集を避ける」の生活習慣を余儀なくされる毎日ですが、木々は例年通り花を咲かせてくれ、新芽を膨らませています。
今般、第59期のクラブ会長職を拝命、会長職は2回目となりますが昨今の「物情騒然」の中、クラブを如何に運営して行くのか思考しております。
会長スローガンに「日々(にちにち)是(これ)好日(こうじつ)」(来る日も来る日も毎日が人生の最良の日と言うこと)
随分其処此処に使い古された禅語ですがあえてこの言葉をスローガンにしました。
何故なら(来る日も来る日も毎日が人生の最良の日と言うこと)の後に、毎日が良いことばかり楽しいことずくめなどという人生はまず有りえない「憂き世とか苦の娑婆」というように喜びや楽しみよりも苦しみ悲しみの多いのが人生である。その人生を嬉しい時には喜び、悲しい時には悲しみの中で見つめるとあります。(碧巖集第六則より抜粋) 
世界的にこの「コロナ禍」の中、目に見えない敵にどう対処して暮らしていけばいいのか、悲しみとか苦しみと言う言葉では言い尽くせない世情です。人間関係の中で育まれる情操、人間関係の中で生まれるストレスそんな全部を大きく抱きかかえるのがライオンズクラブの使命だと思うのです。
我々はライオンズマン。どのような世情であろうとライオンズクラブの精神を忘れず、ライオンズマンとして対処したかと自分に問う姿勢がその問題を解決に導いてくれると信じます。
メンバーこそ力です、例会の時「元気か?」との笑顔が明日への一歩、みんな頑張っているなあ、頑張ろうと!!原点に戻って例会へ出席してメンバーと手をつなぎ、ほほ笑みつ わかれん・・・「また会う日まで」を歌いましょうと声を掛け、第59期を頑張りたいと考えます。
どうかメンバーの温かいご協力・ご支援をお願い申し上げ挨拶と致します。